たかとみ動物病院 『徒然なるままに』 (スタッフブログ)

お問い合わせ

ようこそ たかとみ動物病院のホームページへ

たかとみ動物病院 『徒然なるままに』 (スタッフブログ)

ホーム >  『徒然なるままに』 (スタッフブログ)

病気のお話

スタッフブログ

病院概要

たかとみ動物病院

〒501-2105
岐阜県山県市高富897-1

0581-23-0272

診療時間

午前 9:00~12:00
午前 17:00~19:30

休診日

水曜午後、
日曜、祝日

※土曜日は19時までの診療となっております。

夜間外来について

夜間は、0581-23-0272の番号が留守番電話対応になります。ご連絡先の電話番号を入れていただければ折り返しこちらから連絡いたします。

(都合や電波状況によりすぐにご連絡が不可能な場合もありますのでご了承ください。)
また、下記の夜間動物病院のサポート獣医師を勤めておりますのでそちらもぜひご利用ください。

岐阜県獣医師会
夜間救急動物病院

詳細はこちら

子宮蓄膿症※閲覧注意

2018.9.24

度々登場する愛犬ひまわりですが

緊急手術をしました😱

2~3日前からなんとなぁく元気がなく

食欲もなんとなぁく落ちってゆう状態が続きある日の夜陰部からおりものが!

眼の充血やお腹の張りも気になりこれは子宮蓄膿症の可能性大だと思い早速病院で検査をしました。

dav

お腹にエコーをあてた瞬間子宮蓄膿症と確信💦丸いのが子宮で中のもやもやしたものが恐らく膿であろう物質です。

だいぶ大きくなっていました😢

即手術‼️

子宮蓄膿症はその名前の通り子宮に膿がたまる病気です。

避妊手術をしていない高齢犬に多い疾患です。

今回は子宮が大きいため腹腔鏡ではなく開腹手術にて行いました。

痛みを和らげるため硬膜外麻酔をしてもらいいざ手術開始開始!

我が子のお腹の中を見るのはなかなか複雑な気分…

dav

通常であれば小指くらいの大きさの子宮がはちきれんばかりの大きさになっていました😢

 

dav

取り出した子宮に針をさすとやはり中から膿がドロドロと出てきました。

手術は無事終わり傷口はこんな感じ💡

dav

院長は痛みに優しい治療を行ってくれるため麻酔から覚めた後も痛がることなくこんな感じ💡

mde

後は回復を待つだけです‼️

急な手術にも関わらず先生もスタッフも嫌な顔せず命を助けてくれたことにとても感謝しています😭

子宮蓄膿症は決して珍しい病気ではないですが、炎症性疾患のため時間がたてばたつほど体の状態は悪くなり最悪のケースもある怖い病気です。

手術が無事終わったとしても他の臓器にダメージが起きてしまう場合もあります。

何より早期発見早期治療が大事です。

今回ひまわりの場合は子宮蓄膿症の症状である多飲多尿も目立たずおりものの量も少なかったのか全て舐めとってしまっていたかでなかなか気付いてあげることが出来ませんでした。更に環境の変化も伴っていたためまさかこんなに子宮が腫れているなんて…

ほんとにごめんね😢

今回の件を通じてちょっとした異常にも気付いて様子を見るのではなく早めに検査をするのが一番だと思いました。 

早く元気になって美味しいものたくさん食べて大好きなお散歩たくさんしようね🖤

  1.               スタッフC

 

ここ最近の出来事

2018.9.6

最近のラブリとハグはどんどん大きくなってます(^o^)

まだ若いけど体は立派✨

抱っこするのもよっこらしょ!

逃げたして捕まえるときも

毎日運動会です(^o^;)

dav

外で毎日仲良く遊んでます🖤

遊び疲れると同じ格好で寝ててとってもかわいい(*^^*)

mde

鯉たちの水槽も掃除してきれいきれい✨

dav

お昼の時間はみんなで薬の勉強会✏️

dav

お弁当つきのランチョンセミナーでした😁

また少し知識を身に付けることが出来ました(^.^)          

                                                   スタッフC

Copyright (C) たかとみ動物病院. All Rights Reserved.